シラバス情報

シラバス基本情報

関連科目
前関連科目 後関連科目

授業内容・授業計画

授業の目標と概要 各種の運動はその種目によりそれぞれ異なった特性を持っている。こうした特性の違う種目に応じた練習・修得の過程でルール・マナー・安全
に対する態度・知識を会得
すると共に、体力を高め運動を楽しむ態度を養う。また、協調性・社会性を身につける事を期待する。
履修上の注意
(準備する用具・
前提とする知識等)
講義は全て実技である。実技の実習場所は体育館、屋外(野球場・サッカー場・アイスホッケー場)で行うが、実技にふさわしい服装(運動
着・運動靴)で参加するこ
と。
到達目標 個々人の運動能力や体力に格差が有る事から、一概に設定出来ないが、個々人の体力に応じ、積極的に各種目に参加することができ、運動能力
を高めると共に協調性・社
会性を身につける事ができる。
成績評価方法 運動への取り組み状況・意欲・協調性(60%)運動能力等(40%)とし、総合評価を行う。合否判定もこれに同じ。したがって運動が不得手だ
からといって、評価が下が
る事はない。積極的に取り組む事が肝要。
テキスト・参考書 参考書;イラストによる最新スポーツルール(大修館)
メッセージ 屋外での種目は、天候により適宜屋内種目に変更する。また運動が得意な人、不得手な人等個人差があると思われるが、得意・不得手にかかわ
らず積極的に参加するこ
と。
授業の内容
授業項目 授業項目ごとの達成目標
・ガイダンス、柔軟体操、ストレッチ (1回)
・バレーボール (基本・応用練習) (2回)
 バレーボール (ゲーム)     (2回)

・体力診断テスト          (1回)
・運動能力テスト          (1回)

・1年間の授業の流れと注意事項。
・レフト、センター、ライト、セッター等、基本ポジションの役割を理解できる。
・基本ポジションを意識したゲームをすることができる。
・自己の体力を確認することができる。
・自己の運動能力を確認することができる。

前期中間試験 実施しない
・ソフトボール(基本練習)     (1回)
 ソフトボール(ゲーム)      (3回)

・サッカー  (基本練習)     (2回)
  
 サッカー  (ゲーム)      (2回)

・ゴロ・フライ捕球からの送球ができる。
・チーム同士で協力して安全に配慮したゲームの運営・進行をすることができる。
・フォーメーションを理解できる。
・オフェンスとディフェンスに分かれ仕事の役割が理解できる。
・チーム同士で協力して安全に配慮したゲームの運営・進行をすることができる。

前期期末試験 実施しない
格技(柔道・剣道選択)
基本・応用練習           (2回)
 試合               (3回)
・種目選択(テニス・羽球・フットサル・卓球・バスケットボール等)       (2回)

・1年次及び2年次の基礎を確認することができる。
・お互いに安全に注意し相互審判をしながら試合ができる。
・各種の運動種目を行う事で、運動能力・身体能力を高めると共に、団体・個人種目への参加を通じて、社会性、協調性を身につける事ができる。

後期中間試験 実施しない
・種目選択(テニス・羽球・フットサル・卓球・バスケットボール等)   (3回)

・アイスホッケー(基本練習)    (2回)
 アイスホッケー(ゲーム)     (3回)

・各種の運動種目を行う事で、運動能力・身体能力を高めると共に、団体種目・個人種目への参加を通じて、社会性、協調性を身につける事ができる。
・簡単なフォーメーションができる。
・ポジションの特質を生かしたゲーム展開ができる。

後期期末試験 実施しない
© 2009,2010,2011 KNCT Syllabus System -- Ver. 0.85